爪をカットして足の臭いを防止

足の臭いがきつく感じている人は、爪のお手入れに気を付けてみましょう。

 

爪を伸ばしていると、皮膚との間に皮脂や汚れが溜まりやすくなってきます。汚れをそのままにしていると、強い臭いが発生しやすくなるため、定期的なお手入れが必要となるのです。

 

足の爪が伸びている人は、爪切りを使って短くカットすると臭いに関する悩みもなくなってくるでしょう。爪をカットしてしまえば、皮膚との間にゴミや汚れが溜まることもなくなるので、雑菌の繁殖を防止出来るようになるのです。また靴下を履いたときに、爪と皮膚との間に汗が溜まることがなくなってくるので、衛生的に過ごせるようになるでしょう。
簡単な方法で足の臭いを防止したい方は、試してみるとよいです。
足が臭いときの対策

 

足の臭いに効果的な石鹸

気になる足の臭いは、石鹸を使うことで改善しやすくなってきます。

 

まず、足が臭いと感じたときには、柿渋成分を含んでいる石鹸を使って肌を洗ってみましょう。柿渋成分には、殺菌効果があるので肌に菌が繁殖してしまった結果、足の臭いがきつくなっている方に最適になるのです。使うときにはタオルにつけて十分に泡立ててから使用することで、細かな泡が毛穴に入り込み十分な消臭効果を期待できるでしょう。

 

また、足の臭いの改善のためには、足を洗った後にしっかりと水分を取りきることも重要です。足を洗った後に、適当にタオルで拭いていると肌についている水分を残す結果となります。水分が残ってしまうと雑菌が繁殖しやすくなるので、しっかりと取りきるようにしましょう。

更新履歴